Blog

素敵なシーンウォッチング FILE21 駿河湾フェリー・後編 ~センチメンタルを手軽にそして便利に~

西伊豆取材に向かうために、清水港から駿河湾フェリーに乗船。車ごと乗れるカーフェリーだからこその超便利な船旅。清水から土肥までの短い乗船ですが、足元に感じるエンジンの振動と油のにおいに潮風が混じる船旅独特のシチュエーションに心が揺さぶられます。船内の階段を昇ると清水港が見渡せるデッキがあり、船が意外と大きいことに気が付きます。

DESSERT MUSIC #21

ハワイ語で“半分” “混じり合う”という意味を持つ、コンテンポラリーハワイアン・デュオ、HAPA。N.Y.生まれのバリー・フラナガンを中心に結成され、デビュー・アルバム「HAPA」は250万枚のビッグ・セールスを記録。ハワイのグラミー賞と言われるナ・ホク・ハノハノ・アワード“アルバム・オブ・ジ・イヤー”を獲得するなど、その年のハワイの音楽シーンの話題を独り占めするほどの活躍をしました。

DESSERT MUSIC #20

今回のデザート・ミュージックは、ボズ・スキャッグスの「ハーバーライツ」元祖AORといわれるボズ・スキャッグス。AORがここから始まったといっても過言でない大旋風を巻き起こしました。そのきっかけとなったのが、1976年にリリースした7枚目のアルバム『シルク・ディグリーズ』です。

素敵なシーンウォッチング FILE20 駿河湾フェリー・前編 ~港に来たら心が揺らぐのはどうしてだろう?!~

東海道五十三次にも登場する富士山や三保の松原に囲まれた景観の良さから、日本三大美港といわれる清水港。日本一深い駿河湾(水深2,550m)に面し、静岡県のほぼ真ん中に位置していることから高速道路などへのアクセスがしやすく、また三保半島が防波堤のように港を守っているため波がとても穏やかで、利便性に富んだ港なのです。

DESSERT MUSIC #19

グラムロックの先駆者で、畏敬の存在としてポピュラー音楽の分野で世界的名声を得るだけでなく、役者の世界にも進出し、数々の受賞実績を持つマルチ・アーティスト、デヴィッド・ボウイの1969年にリリースされたシングル盤。アルバム「スペ-ス・オディティ」に収録され、多数のミュージシャンにカバーされている、ボウイ初期の代表作です。

DESSERT MUSIC #18

アラバマにあった伝説のスタジオ“FAME”のハウス・バンド・ギタリストとしてマッスル・ショールズ・リズム・セクションの一役を担ったピート・カー。 ジョー・コッカー、ボブ・シーガー、ステイプル・シンガーズ、ウィルソン・ピケット、ジョーン・バエズ、ボズ・スキャッグス、ポール・サイモン、ロッド・スチュワート等数多くのシンガーのバックを務めました。

素敵なシーンウォッチング FILE18 〜黄泉の国探索の序章、天狗の住む小笠山山頂にある小笠神社!〜

今回の素敵なシーンは、日光が届かない黄泉の国の入口かも?という非日常の世界、秘境気分を満喫できるスポット、掛川市の“小笠山・六枚屏風”なのですが、その前に遠州熊野三山の1つに数えられているパワースポットを紹介させてもらいます。

DESSERT MUSIC #17

飛行機の窓から見える、アメリカのダイナー(北アメリカ特有のプレハブ式レストラン)にいる典型的な?ウェイトレスを描いた印象的なアルバム・ジャケット。イングランド出身のスーパートランプが、1979年にリリースした大ヒットソング&アルバムが「ブレックファスト・イン・アメリカ」です。

素敵なシーンウォッチング FILE17 〜こんなところに怪しい空港が?!三保飛行場!〜

平成25年に富士山世界文化遺産の構成資産に登録され、天女が舞い降りたという伝説がある三保の松原から車で15分くらいの場所に、セスナかヘリコプターぐらいしか使えない小さな飛行場があります。滑走路は長さ500m、幅20mという、プライベート・ジェットでも離陸は無理なコンパクト・サイズの飛行場で、知る人ぞ知る存在のカルト空港と言っても過言でない…怪しさ満載の飛行場が三保飛行場(みほひこうじょう)です。