私たちの番組についてはこちら
               

NEWS

 
 

月・火曜日はユーコ・タケダ
水・木曜日は新井翔
年齢も性別も価値観も違う2人がお届けします!性別も年齢も生活スタイルも価値観も違う2人がタッグを組んで、静岡・日本だけでなく、世界を視野に、気になる時事ネタや話題について、多様な価値観の中で考え、学ぶ番組。あなたの視点は何ですか?
「ラジオで見る静岡」は、 「ダブルアイズ」の1コーナー(毎週月曜14:30〜)
素敵なシーンウオッチャーの佐伯進がお送りします!

   
               
番組ロケの様子はこちら
               

メインコンテンツ

今年の桜
素敵なシーンウォッチング ファイル48

身近な花でありながら実際に触れ合う時間は限りなく短く、咲いたと思えばすぐに散ってしまう、その儚さ故に余計に思いが募る桜。そして長い我慢の季節から解放されて新しい季節に移り変わる、その象徴が桜でもあります。
小さかった頃は、桜が咲くシーズンが四季の中で一番嫌いでした。春休みは短く、クラス替えがあり、進級すれば環境が大きく変わるのでなんとなく落ち着かず、不安定な気持ちが続くからです。しかし大人になると寒さから解放され、身軽になって人々が少しずつ明るくなって行動的になる春は、夏の準備期間として成長するごとに悪くはない季節になりました。そして、人生が朧げながら見えてきた年齢になるとあと何回、桜を見ることが出来るのだろうと春の到来をしみじみ感じる様になりました。
今回の素敵なシーンは、今年の桜です。天気の良い日、伊豆の国市の城山下の狩野川堤防に並ぶ河津桜の並木を見に行きました。
日本人が愛してやまない桜の歴史は、日本最古の「古事記」(712年)の記録より始まります。この古事記では、木花開耶姫(このはなさくやひめ)と呼ばれる女神が登場して、かすみに乗って富士山の上空へ飛び、そこから花の種を蒔いたと記述されています。
桜は、英語表記ではCherry blossom、Japanese cherry、Sakuraと記述され、北半球の温帯に広く分布していますが、美しい花の咲く種類はアジアに多く、しかも日本列島が中心で、多くの種類が集中しています。また、中国や朝鮮半島にもかなりの種類があり、日本と共通の種類もありますが、中国の奥地やヒマラヤ地方などには、日本のものと種類が異なる珍しい花の咲く桜が存在しています。ヨ-ロッパには、日本の桜のように花の美しい種類はなく、サクランボ、いわゆる実桜の類がほとんどで、これらは私たち日本人の持っている桜のイメージとはかけ離れた種類ばかりです。
サクラはバラ科、サクラ亜科、サクラ属の落葉高木または低木の樹木で、日本にはヤマザクラ、オオシマザクラなど9種を基本にして、変種をあわせると100以上のサクラが自生しています。それらを開発して出来た栽培品種が200種以上、そして分類によっては最大で600種存在すると言われており、世界でも圧倒的に多種多様な栽培品種を開発してきた歴史があります。
美しさを追求し、桜までをも改良する日本人らしい発想。日本人は太古の昔から桜好きだった!というDNAは何千年も受け継がれています。しかし、そんな日本を代表する桜ですが、国花ではありません。国花とは、その国を象徴する花で、国民から広く愛されて親しまれている花を言います。国によって違いますが、法律で定められている物もあれば、昔からの歴史的な慣習で国の花と認識されている物までさまざまです。貨幣やパスポート、切手などによく利用されています。実は日本の国花は定められていないのです。それでも、桜は日本人の心の花として君臨しているのです。
毎年毎年、花が咲いたというだけでトップ・ニュースになる花はありません。卒業式や入学式。人生の門出にいつの時も寄り添ってくれていた桜。人は、桜を見るとそれぞれ自分の世界に引き込まれて行きます。桜を誰とどこで見たのか?もう遠い記憶の中で忘れてしまいましたが、桜を見ると様々な人たちの記憶が蘇ってきます。
今回の素敵なシーンは、今年の桜です。桜を見ながらの宴会は、残念ながら今年もまた昨年と同じく出来ませんが、来年こそはお花見をみんなでしたいものです。
PS:ちなみにそれぞれの国花は、アメリカとイギリスはバラ、フランスはスズラン、イタリアはデイジー、オランダはチューリップ、スイスはエーデルワイス、スペインはカーネーション、ドイツはヤグルマギク、そしてロシアがヒマワリです。

1.桜並木 2.満開の桜3.堤防全景4.早朝の桜 5.朝露に輝く桜

素敵なシーンファイル#48

Slider
以前の記事
   
           
               
番組での使用楽曲はこちら
               

NEWS

 
 
 

「Sweet Seasons」Carole King ( 3/1 オンエア)
桜の頃になるとこの歌を思い出し、あらためて歌詞を読み返します。
♪人生は、時に勝つこともあれば負けることもある
そしてうまくいったと思ったとたんに
憂鬱になってしまうことだってある。
私には子供ができるし 自分で生計を立てている
季節が巡っていくのを眺めるでしょう
自然の中で人生を築くわ
田舎の生活
私は心の中の甘い季節の話しをしているの♪
全米アルバム・チャートで15週連続1位を獲得、その後も302週連続でトップ100に留まるロングセラーとなり、グラミー賞でも4部門制覇、現在まで約2200万枚を売り上げた1971年の2ndアルバム『つづれおり』( Tapestry )に続いてリリースされたのが、この「スウィート・シーズンズ」が収録された3rdアルバム『ミュージック』。当時キャロル・キングは妊娠中で、『つづれおり』の大成功でつかんだ名声、加えて私生活の充実、人生最良の時間と言っても過言でない日々がこのアルバムを輝かせています。
長い冬が明けていく3月の陽ざしは、まだ季節をすぐに変えられる勢いはないけれど、陽だまりは春の予感に溢れています。特に今年は格別な春で、人々は春の暖かさ、そして桜の咲き誇る美しさを待ち望んでいます。そんな特別な時代に桜を見て聴こえてきたのが、今週のデサート・ミュージックにチョイスした「スウィート・シーズンズ」です。この曲そしてこのアルバムには、『つづれおり』とは違った、幸せを歌うキャロル・キングのナチュラルな息吹が根底に流れています。
キャロル・キングは、今の時代でも最も影響力のあるソングライターの一人だと思います。
それは、様々な形で彼女のフォロワーが大勢いるからで、日本人アーティストの中にも多大な影響を受けているアーティストは少なくありません。ユーミン、中島みゆき、竹内まりやを筆頭にというより、女性シンガー・ソングライター全般に限らず、男性アーティストもそうでしょう。ではどういった面で、キャロル・キングの影響があるのでしょうか。それは、誰もが自身の言葉で歌を作り、歌うという事と同時に、誰もが起こりえる幸せや不幸を歌にしているからという実にシンプルなところにあります。
この歌が日本でリリースされた1972年2月25日。僕は12歳の誕生日当日で、平凡などこにでもいる小学6年生でした。もちろん、この曲は知りませんでした。それから何年目かの桜のシーズンが訪れ、ラジオから流れる「スウィート・シーズンズ」が好きになります。あれから何年たったのでしょうか、かなりの時が流れました。今年もどこかのラジオ局からこのナンバーが桜の便りと共に、リスナーのもとに届くでしょう。そして思うことは、この歌のように人生を感じてきた自分が存在していることを。
今回のデザート・ミュージックは、新しい季節が到来した喜びを表現した「スウィート・シーズンズ」です。

 
以前の記事
               
番組YouTubeはこちら
               

MOVIE

ここではラジオやメインコンテンツでご紹介したスポットのムービーを公開しています。過去の作品はコンテンツ下部のリンクからYouTube「ラジオで見る静岡チャンネル」でご覧頂けます。

  
youtube