DESSERT MUSIC #25

「Take The Highway」The Marshall Tucker Band (9/ 21 オンエア)

今回のデザート・ミュージックは、先週のレイナード・スキナードに続きサザンロックの雄 “マーシャル タッカー バンド“の「テイク ザ ハイウェイ」。

マーシャル タッカー バンドは1971年、アメリカ南部のサウスカロライナ州で結成、カントリーロックをベースに、ブルース、ジャズ、R&Bなど、その頃のアメリカ音楽の‘いいとこ取り’と言ったところでしょうか、スローな牧歌的なものもあれば、ハードなギターロック、はたまたジャム的な巧みな演奏技術も見せてくれる多彩な音楽性を持ったバンドです。

「テイク ザ ハイウェイ」は1973年の彼らのデビューアルバム『The Marshall Tucker Band(カロライナの朝焼け)』のオープニング曲。「キャント ユー シー」と並んでのヒット曲でライブでもお馴染みのナンバー。タイトル通り、「ハイウェイに繰り出そう」、「気の向くまま、いつ帰ってくるかはわかんないぜ」って感じの軽快な一曲。

今回のおすすめのシチュエーションは橋に差しかかる瞬間にこのアルバムをカーステレオに挿入、そして一曲目、このバンドの特徴でもあるフルートの軽快かつロックなイントロを聴きながら「さあ行くぞ~、お出かけだ~」って気分から広がる海と湖の絶景を満喫、決して慌てることもなく、焦りもしない、疲れた頭を空っぽにできる浜名大橋のドライブ。

「テイク ザ ハイウェイ」はスピードを出しすぎない‘ちょーど‘いい感じのドライブミュージックだと思いました。もしかしたら橋の下で交差する漁に向かう船に乗って聴いても気分が高まるかもしれませんね。by た

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です