DESSERT MUSIC #09

フェリックス・キャバリエの1980年にリリースしたソロ3作目「キャッスル・イン・ジ・エアー」。「グル―ヴィン」などのヒットで知られるブルー・アイド・ソウルの最高峰、ラスカルズのリーダー、フェリックス・キャバリエのソウル嗜好の濃いサウンド・アプローチが隠し味として随所に感じられる同アルバムは、スティーヴ・カーン(g)、ウィル・リー(b)、スティーヴ・ジョーダン(ds)、ランディ・ブレッカー(tp)ら東海岸の腕利きミュージシャンが大挙して参加。

DESSERT MUSIC #08

今回のデザート・ミュージックは、アメリカの天才ギタリスト、ジョー・ウォルシュの「ターン・トゥ・ストーン」です。現在はイーグルスのメンバーとしてのクレジットの方が有名ですが、元はソロ・ミュージシャン、もしくはバンド・リーダー、ソングライター、サウンド・プロデューサーと幅広い才能の持ち主です。そしてギタリストとして2011年「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」で第54位となっています。

素敵なシーンウォッチング FILE08 〜大崩海岸〜

今回の「ラジオで見る静岡」は、大崩海岸(おおくずれかいがん)をお送りします。大崩海岸は、静岡市から焼津市にかけた4㎞ほどの海岸で、海岸から急峻な山がそそり立ち、断崖に面した道路が続いています。駿河湾の海に面した鋭い崖は、やはり大崩海岸と呼ばれる通り落石や崖崩れが頻発する危険な地帯です。名前のとおりの急峻な山は台風などの度に崩落を繰り返しますが、そんな山肌をぬうように道路が通っていて崩落のつど長期にわたって通行止めになります。当然、事故が発生するので、道路は海上を迂回するようになり、線路も内陸の山の中を走るようになりました。

DESSERT MUSIC #07

1974年に発表されたジャクソン・ブラウンの3枚目のアルバムのタイトル曲「レイト・フォー・ザ・スカイ」。同曲を始め、「悲しみの泉」や「ダンサーに」などのブラウンの代表的な楽曲が並んでいる秀作のジャケットは、青く晴れた空を背景に家は闇に包まれているという少しミステリアスな表情をしています。タイトル曲の「レイト・フォー・ザ・スカイ」は難解な歌詞が散りばめられた楽曲で、ブラウン自身の苦悩と空虚感が清々しいサウンドの中に溶け込んで存在している名曲です。

素敵なシーンウォッチング FILE07 〜御前埼灯台〜

静岡県御前崎市御前崎(おまえざき)の最南端に立つ、白亜の塔形をしたレンガ造の大型灯台、御前崎灯台は、日本の灯台50選に選ばれているほか、歴史的・文化的価値の高さから、Aランクの保存灯台になっています。周辺は、御前崎遠州灘県立自然公園に指定されていて、雄大な太平洋のパノラマが展開しています。名称は御前崎(おまえざき)に設置されているが、灯台名は「御前埼(おまえさき)」なのです。

DESSERT MUSIC #06

今回のデザート・ミュージックは、カラニ・ペアが歌う「ユー・アー・ソー・ビューティフル」です。カラニ・ペアは、第59回グラミー賞でハワイから唯一ノミネートされ、「最優秀リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム賞」を受賞するという快挙を成して遂げたハワイ島ヒロ出身のSSW。

素敵なシーンウォッチング FILE06 〜寸又峡温泉・後編〜

今回の「ラジオで見る静岡」は、寸又峡温泉後半をお送りします。前半で紹介した寸又峡の見どころは、パワースポットとしても人気がある夢の吊り橋でしたが、寸又峡の一番の魅力はとろりとした湯ざわりが心地よく、入浴後の肌がすべすべになる寸又峡温泉にあります。ですから、簡単に言うと“温泉に入って景色を楽しむ”という王道がここにあります。

DESSERT MUSIC #05

今週のデザート・ミュージックは、ルブラン&カーが、1977年にリリースした「フォーリン」。アラバマ・マッスルショールズ・スタジオの腕利きセッション・ミュージシャン、 レニー・ルブランとピート・カーによるコラボレーション・デュオで、アルバム「ミッドナイト・ライト」からのシングル・カットです。