素敵なシーンウォッチング FILE02 〜大井川中流域・蓬莱橋〜

島田市南町にある蓬莱橋は、大井川にかかる全長897.4メートルの橋です。ギネスブックに「世界一長い木造歩道橋」として認定され、全国的にも人気の観光スポットとなり、映画・ドラマのロケ地にもなりました。木製の橋ですが、橋脚の構造は鉄筋コンクリート製で、歩行者と自転車のみ通行できます。
橋名は、徳川宗家の主で静岡藩知事でもあった徳川家達が、かつての家臣たちの激励のために訪れた時に、牧之原台地を宝の山を意味する「蓬莱山」に例えたことに由来します。
水量が極端に少なく川底があちこちに見える大井川は「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と謳われた面影はありませんでしたが、川幅から想像するととんでもない難所だったと想像できます。それは取材時、風がとても強い日で、歩いて渡るだけでも片道15分もかかりました。晴れた日は橋から美しい富士山も見ることができる蓬莱橋。古の旅人の苦労の一片を感じることができました。

ギネスに登録された世界で一番長い「蓬莱橋」
明治12年(今から141年前)に作られた
蓬莱橋の上から〜下流の様子〜
蓬莱橋の上から〜上流の様子〜
蓬莱橋を含む大井川中流域 河川の蛇行

↓ ロケの様子はこちらをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です