DESSERT MUSIC #17

「Breakfast in America」Supertramp (7/ 27 オンエア)

飛行機の窓から見える、アメリカのダイナー(北アメリカ特有のプレハブ式レストラン)にいる典型的な?ウェイトレスを描いた印象的なアルバム・ジャケット。イングランド出身のスーパートランプが、1979年にリリースした大ヒットソング&アルバムが「ブレックファスト・イン・アメリカ」です。

この女性のモチーフはもちろん自由の女神で、この歌はイギリス人がアメリカに憧れて、♪ジャンボに乗って海を越えアメリカに行きたいな~カリフォルニアガールズに会いたいよ!いつかそうできたらいいな、だけど僕にはたぶん無理だと思う~♪と唄うシニカルな内容の歌詞が秀逸なイカした名曲です。歌詞だけでなくコケティッシュなリズムと哀愁をおびたメランコリックな曲調が日本人好みで、まさに英国風とも言う音楽に仕上がっています。

スーパートランプ初のビルボード・アルバムチャート1位となった「ブレックファスト・イン・アメリカ」は、アメリカだけでも400万枚以上、全世界で1,800万枚以上を売り上げたお化けアルバムです。そして「ザ・ロジカル・ソング」(全米6位)といった大ヒット曲も生まれました。

しかし意外ですが、残念な事に日本で大ヒットしたアルバムからのシングルカット「ブレックファスト・イン・アメリカ」は、なんとビルボードでは最高位62位止まりでした。当時、日本人とアメリカ人の趣向の違いが浮き彫りにされた曲ということが、ティーン・エイジャーだった僕の記憶に今も残っています。アルバムは、比較的地味な部門ではあったものの、グラミー賞を2部門(最優秀レコーディング・パッケージ賞と最優秀アルバム技術賞)獲得しました。

デザート・ミュージックに選んだ理由は、三保空港の上空を飛ぶ飛行機の窓から覗いた風景は?(YouTube「ラジオで見る静岡」ファイルナンバー17にありますので、良ければご覧ください)と想像した時にこのジャケットが思い浮びました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です