素敵なシーンウォッチング FILE03 〜大井川鐵道井川線・前編(奥泉〜長島ダム)〜

今回の「ラジオで見る静岡」は、大井川鐡道井川線の千頭駅からスタートする、南アルプスあぷとラインに乗って、接岨峡温泉を目指すコースです。
大井川鉄道は、「SL」や子供に大人気の「機関車トーマス号」に乗れる鉄道として有名ですが、今回は大井川上流部・奥大井の渓谷をゆっくりと走る日本唯一のアプト式電車、南アルプスあぷとラインにスポットを当てました。大井川水系のダム建設のために作られた歴史を持ち、今は奥大井の観光列車として運行しています。
「アプト式列車」は、急な勾配を上るための機関車を連結させた電車のことを言います。スイスのカール・ロマン・アプトさんによって発明された鉄道システムなんですが、乗車しての感想は車窓からの景色は抜群ですが、期待していた程に急勾配は感じられませんでした!(しかし、帰りの下りの車内では幾分、勾配を感じられました)
一番の素敵なシーンは大井川鐡道井川線の湖上駅なのですが、その手前のレインボーブリッジもとてもきれいです。
しかし、列車に乗るとその美しさが目の当たり過ぎて見えないのです。近すぎて見えない~なので、奥大井湖上駅を俯瞰で見るため湖の山側の道路に
車で向かい全景を撮影しました!その全景は来週お送りします!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC00341-1024x683.jpg です
ロケの出発地である大井川鉄道 千頭駅
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC00050-1024x683.jpg です
真っ赤な車体が特徴の大井川鉄道 井川線
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC00045-1024x683.jpg です
この真っ赤な車体を山の上へと引っぱり上げる為にアプト式の機関車は欠かせない
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は NO1-1024x683.jpg です
接岨湖のブルーに映えるオレンジの橋
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC00034-1-1024x683.jpg です
後半は接岨峡温泉。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です